なんでもねだりな日々

日常を複雑にしたり単純にしたり

なんでこんな書いてばっかいるんだろ

文章を書く人間にとって
ありがたい時代に生まれてきたと思う。

スマホがあれば、自分の思想なり生活なりをやや誇張させ、ぽん、と世界に発信できる。

私もぽんぽんと彩った日常を不特定多数の人々に提供しているものだ。

私は、仕事でも文章を書いている。
これが自分でも驚きなのだが、書くのを嫌だと感じたことが一度もない。

休みの日に、たまたま車で会社の前を通り
「あぁ、働きたい」といった際にはさすがに苦笑いされた。


ほら、こうやって日曜の夜だというのに
わたしは誰にも読まれないような文章を綴っている。


なぜか知らないけど、頭の中は「書く」でいっぱいだ。

f:id:makotakeuchi:20170910230851j:plain


くだらないことを書く

先日、経営をされている方とお話していたときに、こんなことを言っていた。

「移動中に、世の中を見渡して、足りないものはないか。それをどうやってビジネスにするか考えているんですよね。」

ほう。なんと崇高な。
私なんてただ、ぼうっと、最近だったらコスモス咲いてきたなぁくらいしか考えてないわ……。

と、思ったが、頭の中でコスモスストーリーがはじまっていることに気づいた。

秋がきたなぁ、この秋のはじまりを、どう文章で表現しようか。
そうだ、秋のはじまりだったら、〇年前のあの思い出、今ならどう書くことができるかしら……あぁ、いまは自転車に乗ってるからノートを開けないな……。


毎日がそんな風である。

まともなことを書く

素敵な人をみつけたら、どう取り上げようか、と考える。
取り上げたら、どう表現しようかと考える。

うわぁ、こんなんじゃないんだよ、もっと、なんかこう……といった感じで、納得のいく言葉を使って、文章にして誰かを表現できたことは未だかつてない。

でも、納得がいかないから、毎日面白おかしく仕事ができるんじゃないかな。

 

楽しいか?といわれると

書くのが好きなんですね、と言われるけれど
たぶん、好きである。嫌いじゃない。

楽しいですか?と言われると
うーん……普通ですね。

 

書く、は日常だから

もちろん楽しいけれど、楽しいことは他にもある。
たくさんある。世の中にあふれかえっている娯楽を愛している。

でも、私のベースは書くということ。
書く、にはじまり、書くに終わる。

楽しくても、楽しくなくても、
日常のルーティンだから、やんなきゃダメらしい。

他人事なくらい、私という人間に、義務付けられているような気がする。

 

仕事したい!はそこからくる

休みの日は休みで死ぬほど満喫するが
まったく月曜日は憂鬱じゃない。

自分にとっては、同じ毎日が繰り返されるだけ。
その同じ毎日が私はたのしい。

同じ、と言っても、同じ文章を二度と書かないわけであり、
毎日が変化する仕事である。

相反することだけれど、
毎日が変わっていく実感がある幸せをかみしめている。

明日も、文章を書きます。

自分らしく働けるなら。スーツを着ない就活だってアリなはなし。

大学3年生が終わるころまで、人並みにアルバイトをしていました。
しかし働きっぷりは人並み以下で、どこに勤めても役立たず。
1年経っても後輩より仕事ができないなんてこともざらでした。

そんな私が文章を綴る当ブログ、奇跡的に就カフェメディアの「自分らしく働くシゴトビトの想いをピックアップ!」というコーナーに採用されているわけです。


こりゃ、すごいことだなと思います。


今までなんとなくニコニコしてるからアルバイト先で使ってもらえているという感じでした。いま考えると笑ってるだけで仕事できないやつとか最悪ですねほんと。

私は大した特技もない凡人です。今の仕事も、仕事がデキる!というわけではありません。日々、要領がわるくとも目の前の仕事に奮闘しているわけです。

それでも「自分らしく働く」ということは叶っており、周囲にもしっかり使ってもらえている感覚はあります。自分だけにしかできない仕事だってもらえます。

私はなぜ自分らしく働ける環境に身を置くことができたのでしょうか。
就活前に意識したことを書いてみます。

結論:就活はしなかった

就活前に、と書きましたが私は就活するまえに就職先が決まりました。なんだよこいつ楽しやがってと思うかもしれませんが、確かに典型的な就活に当てはめると楽したのかも知れません。スーツは入学式の時にしか着ませんでした。

でも、自分が意識していなくても「自分らしく働く」ためにしていたことがあったんです。

1、自分にしかできないこと探し

f:id:makotakeuchi:20170805203526j:plain

大規模なサークルの代表だった!とか何かしらの大会で優勝した!とか、純粋にすごいことだと思うんですけど、自分にはそんな能力ありませんでした。

どちらかというと、団体が苦手。人と競うとか、もっと苦手。
だから考えたのは、ひとりで、誰とも争わないでできること。

ひとりで何かするっていうのは難なくクリアできると思いますが、誰とも競わないということは、競合がない状態。

自分で新しい価値を生み出さなければなりませんでした。
そこで私が大学時代にやったことは、デートDVの予防啓発活動を全国で展開するということ。中学生、高校生、大学生、そして専門職の方に、現代のDV事情を講演活動を通してお話していました。

当時、大学生で単独でやっている人は誰もいませんでした。
だから未熟でも、話すのが下手でも(私、おしゃべりはほんとに苦手)依頼とかをもらえるわけです。

そこで私は話して発信すること、宣伝しなきゃいけないので書いて発信することを学びました。

2、自分にしかできないこと発信

f:id:makotakeuchi:20170805203503j:plain

そのあとは、自分にしかできないことの発信をつづけました。
さきほども書いたように、私は話すのが苦手で、3時間も講演したらもうヘトヘトです。本業でやるには体力的にも精神的にも持たないなぁと思いました。(現在も複業として続けています)


そこで私がやりたいと思ったのは「書く仕事」。
書くことなら、消耗しないぞー!と意気込み、「書きたいです!!」という旨を周囲に発信しまくりました。

そうすると、講演時代からお世話になっていた方をはじめ、予想だにしないような方からも、あらゆる縁を結んでいただけるようになりました。

いま、編集部で働かせてもらっていますが、他にも書く仕事をできる会社をいくつか紹介してもらうことができました。

言霊っていいますけど、周囲に話していると、本当に理想が現実になるんだなぁと思いました。

3、自分にしかできないこと極め

自分にしかできないことがあるというのはとても大事なことのように思います。

「自分にしかできないこと」=「自分らしさ」だと思うので、これは仕事というより人生を通して大事なことなんじゃないかと思います。

f:id:makotakeuchi:20170805203541j:plain

 

自分にしかできないことを極め、常にグレードアップさせていくことが大切だと思っています。現状維持は衰退です。

だなんて書くと、なんか意識高いなこいつって感じですが、維持だけしようと思うと、来る仕事も来なくなると思っています。

自分らしく働けている状態に甘んじないこと。
これが自分らしく働くために必要なのことなのではないでしょうか。

やりたいことがない人は?

お前はやりたいことあるからそんなに頑張れるんだろう、と思われても仕方ないかもしれませんが、私は特に大きな夢とかはない人間です。冒頭で述べた通り、生粋の凡人です。

書きたいー!も他にやりたいことがない中で、絞りだして出てきたもの。

f:id:makotakeuchi:20170805203942j:plain

まさか当時ライター、ましてや編集長になれるとは思っていませんでしたし、書くのは趣味なので、趣味範囲でもいいやーくらいに思ってました。でも書きたいから書きたいと言ってました。

ちいさな欲望でもいいんで、人に話したらいいと思います。
あそびっぽいことを仕事にしている人だっていますし、あそびと仕事が一緒だ!って人もいっぱいいますから。私も仕事と趣味が一緒なところあります。

というか世の中に価値を生み出していたら、それはすべて仕事と言えると思います。


普通に就活するのも悪くないと思いますけど、いろんな進路選択ができる時代だからこそ、自分らしく就活、自分らしく働いてみるのもいかがですか。

平凡人間がおくる、やんわりストレス回避方法5選

日常というものはストレスに溢れている。

仕事でミスした、バイト先の人とうまくいかない、満員電車、待ち合わせに人が来ない、振った、振られた、傷つけた、傷つけられた……

そんな風に忙しいわけだが、今日はストレスの発散方法について考えた一日だったので、まとめてみる。

ただ、わたしの平凡な日常にふいと訪れる、やわらかなストレスへの対処法なので、本当に悩んでいる方は読まない方がいい。たぶんイライラする。

そしてこれを人に話したところ「それって発散法っていうの?」とあまり理解を示してもらえなかったため、みなさんの参考になるかはわからない。

①とにかく走る

f:id:makotakeuchi:20170730213647j:plain

ふざけんなよ!!! と思って、走ったことが何度かある。
もうなににふざけてほしくなかったのかは、忘れた。

どんな小説か漫画かドラマか分からないが、何かしらの影響を受けて走った気がする。

1週間くらい走りつづけたらどうでもよくなるので、効果てきめんである。
全力で走ったら、疲れて、なんか身体の動悸のほうが気になってきて、しんどさがそっちにシフトする。

しかし自分の体力のなさに著しいストレスを感じてしまって本末転倒。
最近は使えないことに気づいた。

体力に自信のない方にはおすすめしない。

②自分より悪役がでてくる小説を読む

f:id:makotakeuchi:20170730213637j:plain

これは「自分が最低だ」と、自己嫌悪から派生するストレスを持った方におすすめをしたいと思う。


自分より悪役がでてくる、というのは、たいていどんな小説にも当てはまると思っている。主人公が悪い感じだとなおよい。

だから、とりあえず小説を読んだらいいと思う。だいたい、こいつよりは、ましか……と元気になる。

元気があれば何でもできる、と誰かも言っていたはずだ。

SNSをやめる

SNSは、日常の最大限いいところを切りとったものの集合体だと思っている。

みな、知らず知らずのうちにSNSをみては、自分には何もないな……と落ち込んだりしている、と思う。

私はプライベートでSNSをほとんどみない、自分はばんばん発信するが、他人のはあまりみない。おおよそ自分の日常と照らし合わせて落ち込むからである。

ひさびさに会った人と、直に近況報告しあうのは、おもしろいもの。

Facebookで読んだけど~」や「Instagramでみたけど~」って、なんだかちょっと悲しいなと。

これは発散というより予防線を張るための方法だと思う。

 

f:id:makotakeuchi:20170730213709j:plain

④物語風にしてみる

小説でも漫画でもエッセイでもドラマでも映画でもなんでもいいけれど、意外とひとつひとつの場面を切り取ると、私たちの日常となんら変わりなかったりする。

だから、私はよく日常をドラマティックに考え直す。
もう表現するのがめんどくさいときは妄想するだけでいい。

苛立ってることすら、怒りという感情にかんする物語を自分で考えて、自分で笑い飛ばしたりする。理不尽なことこそ、物語にするに限る。

f:id:makotakeuchi:20170730215039j:plain

 

ちなみに今日はひますぎて本屋をぐるぐるまわっていたら目が回ったはなし、をエッセイにしようと思いながらひまをつぶしていた。

本当に事実だけしかないので、これ以上物語はふくらまなかった。

⑤ストレスをかける

あほなのか、思われるかもしれないけれど、ひとつのストレスと向き合うことに飽きたら、もうちょっと重いストレスをかけたりしている。

たぶん人間はひとつのことに執着しだすとおおよそネガティブな方向に進むと思うので、違うストレスを自分に与えて、一回忘れてしまう。

そして、思い出したころには、忘れていることだってある。

人間は知らなくていいことがいっぱいあるし、いちいち覚えてなくていいし、都合よく忘れることも生きる上では大切だと思う。

都合よく忘れたり思い出したりしながら生きてもいいんだと思うと、ストレスもちょっと軽くなったりするように思う。

まとめ

f:id:makotakeuchi:20170730214240j:plain

まともなことと役に立たなそうなこと、半々くらいで盛り合わせたため、いよいよ本当に役に立つのかわからない記事になってしまった。

でも、人に迷惑をかけず、自分の世界で完結する発散方法なら、なんでもいいんじゃないかなと思っている。

そんなストレスについて考えた一日。
みなさんのストレス発散方法も教えてください。

肩書きに汎用性はあるのか

わたしは、webメディアの編集とライターをしている。

書きたい……とだけ周囲に漏らしていたら、編集部を持った会社に入ることができた。

そこで新しいメディアを立ち上げる機会をいただいた。

maka-lab.com

マカラボは無事ローンチを迎え、次なる企画を打つことになる。

award.maka-lab.com

 

ライターコンテストを開催することにした。

全国の学生ライターの登竜門になれば、との願いを込めた。

大賞受賞者には、半年間プロのライターとして活動してもらうことなる。

 

ここで注目してもらいたいポイントは多々あるが、今日はキャッチコピーの話をしようと思う。

 

f:id:makotakeuchi:20170725173646j:plain

学生のあなたに、ライターという肩書きを。

わたしはひとりでメディアを運営しているわけではない。それは頼もしい、編集部の相方(一般的にいう上司)がいる。カメラマンであり、編集とライティングのノウハウを教えてくれ、さらには私が思っていることを形にしてくれる技術者でもある。(上の画像もつくってくれた)

そして、アイディアを出してくれる仲間もたくさんいたりする。このライターコンテストだって、とある大人の一言ではじまった。

 

じゃあ、わたしは何をしているのか。という話になるがそれは一旦置いておく。

副なんちゃらという肩書き

小学校のミニバスケット→副キャプテン

中学校の女子バスケ部→副部長

高校の生徒会→副会長

ぜんぶ2番目だった。

いつか1番になりたいなぁ。そう思いながらも、あまり努力はしなかった。しかし、2番のわたしはナチュラルに悔しかったと記憶している。

1番、の肩書がほしい。

さまざまな価値観に触れて

大学生になった私はそういうのがどうでも良くなった。1番の肩書き、が偉いわけじゃない。自分でサークルをつくったので自然と代表になり、ほしかった肩書きを手に入れたわけだが、部長も代表もそんなに偉くないなと思った。さらには、いまは編集長という肩書きも名乗っていいことになった。

偉くなんかなくて、恐れ多すぎて、大変恐縮である。

ライターという肩書き

ライターという肩書きは、格好がいいね、と言われる傾向にある。

個人的な主観としては、正直カタカナで書くとわりとなんでも格好よくなるとおもっている。編集者はエディター。何か作ってたらクリエイター。外来語って驚異的。

ちょっぴりスペシャルな肩書き体験

でも、ライターという肩書きがなんかちょっぴり気分がいいというのには共感ができる。ライターです!と、もともと物書き志望なので、胸を張って名乗れるのはうれしい。

そんなライターという肩書き。ライターに位はないので、もともと偉そうでもない感じがとても好きだ。なんだか、そのあたりが奥ゆかしい肩書きのように思える。

肩書きは振りかざすものじゃない。利用するものでもない。

よって汎用性は低いように思っている。
しかし、自分が身に着けて気分がよければそれでいいのではないか。

ライター、はそんなやさしい肩書きのひとつのように思う。

あなたも、名乗ってみませんか。

マカラボ新人賞―学生のあなたに、ライターという肩書きを。

 

わがままなわたしは止まらない

なんでもねだり、はKANABOONの曲である。

www.youtube.com

"あれもほしい、これもほしい、わがままな君は止まらない"


歌詞の全体を通して、「すみません、わたしのことです……」と、謝罪せざるを得なかった。

 

しかし、わたしはスカートの裾をひるがえすこともないため、この曲にでてくる女の子のような可愛さすら持ち合わせていない。

そうすると、ただのわがままな人間。ということだけになってしまう。なかなかに情けない。

 

一度それは置いておこう。

今のわたしは、おおよそ満たされている。もはや生まれてこの方、満たされているようにおもう。

 

そもそも、日本に生まれたというだけで、世界規模でみておおよその人は満たされているはずである。

生きていくためのものは十分すぎるくらいに揃っている。仮に働けなくなっても、なんとか生きさせてもらえる。死ぬほうが難しいという、なんともありがたい国だ。

 

それでも、みんな、どこか足りておらず不幸そうな人がおおいと感じる。

 

わたしもそのひとりだ。

 

ご飯を食べたら、ケーキを食べたい。
がんばらなくても、やせていたい。
好きな仕事で、生きていたい。
好きな人に、愛されたい。

 

ただ、欲望には困難がつきものである。

ご飯を食べたあとにケーキを食べれば必ず体重は増え、
それ相応の努力をしなければ体型は維持できない。

 

好きな仕事というのは、
実は好きだから故に訪れる困難の方が苦しいことを知っている。

 

好きな人に、なんのリスクもなく愛されてしまっては、
それはそれでつまらないものになってしまうだろう。

そういう諸々の不都合を頭の片隅におきつつ、
わたしは、あれもほしい、これもほしいと、言いつづける予定だ。

 

欲がなければ、人生はつまらないものになってしまう。


しかしもう一度言うが、欲望には困難がつきものだ。

そんな困難に立ち向かい、書くことで昇華し、日常を少しだけ豊かにしていこうという自分への提案がこのブログである。