なんでもねだりな日々

日常を複雑にしたり単純にしたり

平凡人間がおくる、やんわりストレス回避方法5選

日常というものはストレスに溢れている。

仕事でミスした、バイト先の人とうまくいかない、満員電車、待ち合わせに人が来ない、振った、振られた、傷つけた、傷つけられた……

そんな風に忙しいわけだが、今日はストレスの発散方法について考えた一日だったので、まとめてみる。

ただ、わたしの平凡な日常にふいと訪れる、やわらかなストレスへの対処法なので、本当に悩んでいる方は読まない方がいい。たぶんイライラする。

そしてこれを人に話したところ「それって発散法っていうの?」とあまり理解を示してもらえなかったため、みなさんの参考になるかはわからない。

①とにかく走る

f:id:makotakeuchi:20170730213647j:plain

ふざけんなよ!!! と思って、走ったことが何度かある。
もうなににふざけてほしくなかったのかは、忘れた。

どんな小説か漫画かドラマか分からないが、何かしらの影響を受けて走った気がする。

1週間くらい走りつづけたらどうでもよくなるので、効果てきめんである。
全力で走ったら、疲れて、なんか身体の動悸のほうが気になってきて、しんどさがそっちにシフトする。

しかし自分の体力のなさに著しいストレスを感じてしまって本末転倒。
最近は使えないことに気づいた。

体力に自信のない方にはおすすめしない。

②自分より悪役がでてくる小説を読む

f:id:makotakeuchi:20170730213637j:plain

これは「自分が最低だ」と、自己嫌悪から派生するストレスを持った方におすすめをしたいと思う。


自分より悪役がでてくる、というのは、たいていどんな小説にも当てはまると思っている。主人公が悪い感じだとなおよい。

だから、とりあえず小説を読んだらいいと思う。だいたい、こいつよりは、ましか……と元気になる。

元気があれば何でもできる、と誰かも言っていたはずだ。

SNSをやめる

SNSは、日常の最大限いいところを切りとったものの集合体だと思っている。

みな、知らず知らずのうちにSNSをみては、自分には何もないな……と落ち込んだりしている、と思う。

私はプライベートでSNSをほとんどみない、自分はばんばん発信するが、他人のはあまりみない。おおよそ自分の日常と照らし合わせて落ち込むからである。

ひさびさに会った人と、直に近況報告しあうのは、おもしろいもの。

Facebookで読んだけど~」や「Instagramでみたけど~」って、なんだかちょっと悲しいなと。

これは発散というより予防線を張るための方法だと思う。

 

f:id:makotakeuchi:20170730213709j:plain

④物語風にしてみる

小説でも漫画でもエッセイでもドラマでも映画でもなんでもいいけれど、意外とひとつひとつの場面を切り取ると、私たちの日常となんら変わりなかったりする。

だから、私はよく日常をドラマティックに考え直す。
もう表現するのがめんどくさいときは妄想するだけでいい。

苛立ってることすら、怒りという感情にかんする物語を自分で考えて、自分で笑い飛ばしたりする。理不尽なことこそ、物語にするに限る。

f:id:makotakeuchi:20170730215039j:plain

 

ちなみに今日はひますぎて本屋をぐるぐるまわっていたら目が回ったはなし、をエッセイにしようと思いながらひまをつぶしていた。

本当に事実だけしかないので、これ以上物語はふくらまなかった。

⑤ストレスをかける

あほなのか、思われるかもしれないけれど、ひとつのストレスと向き合うことに飽きたら、もうちょっと重いストレスをかけたりしている。

たぶん人間はひとつのことに執着しだすとおおよそネガティブな方向に進むと思うので、違うストレスを自分に与えて、一回忘れてしまう。

そして、思い出したころには、忘れていることだってある。

人間は知らなくていいことがいっぱいあるし、いちいち覚えてなくていいし、都合よく忘れることも生きる上では大切だと思う。

都合よく忘れたり思い出したりしながら生きてもいいんだと思うと、ストレスもちょっと軽くなったりするように思う。

まとめ

f:id:makotakeuchi:20170730214240j:plain

まともなことと役に立たなそうなこと、半々くらいで盛り合わせたため、いよいよ本当に役に立つのかわからない記事になってしまった。

でも、人に迷惑をかけず、自分の世界で完結する発散方法なら、なんでもいいんじゃないかなと思っている。

そんなストレスについて考えた一日。
みなさんのストレス発散方法も教えてください。