なんでもねだりな日々

日常を複雑にしたり単純にしたり

自分らしく働けるなら。スーツを着ない就活だってアリなはなし。

大学3年生が終わるころまで、人並みにアルバイトをしていました。
しかし働きっぷりは人並み以下で、どこに勤めても役立たず。
1年経っても後輩より仕事ができないなんてこともざらでした。

そんな私が文章を綴る当ブログ、奇跡的に就カフェメディアの「自分らしく働くシゴトビトの想いをピックアップ!」というコーナーに採用されているわけです。


こりゃ、すごいことだなと思います。


今までなんとなくニコニコしてるからアルバイト先で使ってもらえているという感じでした。いま考えると笑ってるだけで仕事できないやつとか最悪ですねほんと。

私は大した特技もない凡人です。今の仕事も、仕事がデキる!というわけではありません。日々、要領がわるくとも目の前の仕事に奮闘しているわけです。

それでも「自分らしく働く」ということは叶っており、周囲にもしっかり使ってもらえている感覚はあります。自分だけにしかできない仕事だってもらえます。

私はなぜ自分らしく働ける環境に身を置くことができたのでしょうか。
就活前に意識したことを書いてみます。

結論:就活はしなかった

就活前に、と書きましたが私は就活するまえに就職先が決まりました。なんだよこいつ楽しやがってと思うかもしれませんが、確かに典型的な就活に当てはめると楽したのかも知れません。スーツは入学式の時にしか着ませんでした。

でも、自分が意識していなくても「自分らしく働く」ためにしていたことがあったんです。

1、自分にしかできないこと探し

f:id:makotakeuchi:20170805203526j:plain

大規模なサークルの代表だった!とか何かしらの大会で優勝した!とか、純粋にすごいことだと思うんですけど、自分にはそんな能力ありませんでした。

どちらかというと、団体が苦手。人と競うとか、もっと苦手。
だから考えたのは、ひとりで、誰とも争わないでできること。

ひとりで何かするっていうのは難なくクリアできると思いますが、誰とも競わないということは、競合がない状態。

自分で新しい価値を生み出さなければなりませんでした。
そこで私が大学時代にやったことは、デートDVの予防啓発活動を全国で展開するということ。中学生、高校生、大学生、そして専門職の方に、現代のDV事情を講演活動を通してお話していました。

当時、大学生で単独でやっている人は誰もいませんでした。
だから未熟でも、話すのが下手でも(私、おしゃべりはほんとに苦手)依頼とかをもらえるわけです。

そこで私は話して発信すること、宣伝しなきゃいけないので書いて発信することを学びました。

2、自分にしかできないこと発信

f:id:makotakeuchi:20170805203503j:plain

そのあとは、自分にしかできないことの発信をつづけました。
さきほども書いたように、私は話すのが苦手で、3時間も講演したらもうヘトヘトです。本業でやるには体力的にも精神的にも持たないなぁと思いました。(現在も複業として続けています)


そこで私がやりたいと思ったのは「書く仕事」。
書くことなら、消耗しないぞー!と意気込み、「書きたいです!!」という旨を周囲に発信しまくりました。

そうすると、講演時代からお世話になっていた方をはじめ、予想だにしないような方からも、あらゆる縁を結んでいただけるようになりました。

いま、編集部で働かせてもらっていますが、他にも書く仕事をできる会社をいくつか紹介してもらうことができました。

言霊っていいますけど、周囲に話していると、本当に理想が現実になるんだなぁと思いました。

3、自分にしかできないこと極め

自分にしかできないことがあるというのはとても大事なことのように思います。

「自分にしかできないこと」=「自分らしさ」だと思うので、これは仕事というより人生を通して大事なことなんじゃないかと思います。

f:id:makotakeuchi:20170805203541j:plain

 

自分にしかできないことを極め、常にグレードアップさせていくことが大切だと思っています。現状維持は衰退です。

だなんて書くと、なんか意識高いなこいつって感じですが、維持だけしようと思うと、来る仕事も来なくなると思っています。

自分らしく働けている状態に甘んじないこと。
これが自分らしく働くために必要なのことなのではないでしょうか。

やりたいことがない人は?

お前はやりたいことあるからそんなに頑張れるんだろう、と思われても仕方ないかもしれませんが、私は特に大きな夢とかはない人間です。冒頭で述べた通り、生粋の凡人です。

書きたいー!も他にやりたいことがない中で、絞りだして出てきたもの。

f:id:makotakeuchi:20170805203942j:plain

まさか当時ライター、ましてや編集長になれるとは思っていませんでしたし、書くのは趣味なので、趣味範囲でもいいやーくらいに思ってました。でも書きたいから書きたいと言ってました。

ちいさな欲望でもいいんで、人に話したらいいと思います。
あそびっぽいことを仕事にしている人だっていますし、あそびと仕事が一緒だ!って人もいっぱいいますから。私も仕事と趣味が一緒なところあります。

というか世の中に価値を生み出していたら、それはすべて仕事と言えると思います。


普通に就活するのも悪くないと思いますけど、いろんな進路選択ができる時代だからこそ、自分らしく就活、自分らしく働いてみるのもいかがですか。